先輩社員の声

管理部 高野

Q.入社した経緯について教えてください。

進路指導の先生に進められて前身の二本松シールを知りました。
先生方の話を聞いて、会社のことを知っていくと、NOKという、とても大きな会社のグループ会社という事を知り、安定している会社だと思い入社しました。

Q.どんな仕事をしていますか

会社の経営上を把握する管理会計。会社で必要な物を発注、購入する購買業務。
ネットワークやPCの管理などのシステム関係が主な仕事内容になります。
どの仕事も会社を運営していく上で必要不可欠な仕事だと思っています。

Q.仕事をしていての苦労、努力していることなどはありますか?

「物が期日通りに来て当たりまえ。」その当たり前を、当たり前にする努力をしています。

会社では、月に1500件ぐらいの注文があり、毎日色々な物が入ってきます。
そういった物を滞りなく入れる大変さがあります。

管理会計では毎日数字と格闘しています。
元々、数字を扱うのが苦手でした。
もっと良い計算方法や、やり方がないか日々苦労しながら仕事をしています。

正直、最初は間接部門は楽そうだと思っていました。
配属されて仕事をしていく中で、この仕事の必要性や重要性。
会社の状況の管理をしていく大変さが身に沁み、考え方が変わりました。
大変な反面、相手に対してわかりやすい資料をつくり、計画を立案し、それが伝わった時、「やって良かった」という達成感もあります。

Q.会社に入ってみてどうでしたか?

人数が800人を超える大きい会社の中で、色々な人との関りが出来、色々な考え、思いを知りました。
そういった中で仕事をしていく中で、人として成長が出来たなと思います。
何事にも人との関わり・人間関係がすごく重要だと学びました。
良い上司、良い仕事仲間と巡り合えて良かったと思います。

入社して7年が経ち、今は係長として仕事しています。
係長として、みんなが楽しく仕事ができているか気を付けています。
最近、会社がさらに大きくなり、新たな仕事が増えました。
仕事の種類が多岐にわたるので、其々の人の仕事のフォローができるように、皆の仕事を理解して、自分でも出来るように頑張っていきたと思います。

トップへ