2021年度 入社式

2021年 4月1日に入社式が社内で執り行われました。

2021年4月1日、二本松シール工業(株)は二本松NOK(株)に変わり、新たな会社としてスタートを切りました。

今年は4名の新卒社員が入社し、小谷社長から訓示を頂きました。

※訓示一部抜粋

『皆さん、入社おめでとうございます。

皆さんが当社の一員として、新しい仲間となったことを心より歓迎します。

今日から社会人の一員として責任と自覚を持ちつつ、当社の重要な人材として、大きく成長されることを心から期待しています。

今日から皆さんは社会人として、当社の社員として生活されることになります。研修などでも色々学んでいただきますが、社長の私から皆さんにお話しておきたいことがあります。

一つ目として、感謝の気持ちを忘れないで欲しいと思います。まず、社会人になれたことをご両親に感謝しなければなりません。人は一人で生まれる事も、生きることも、死ぬこともできません。多くの人に支えられて人生を送ります。仕事の中では、感謝の気持ちを「ありがとうございます」という言葉で、表すことが良い人間関係を築くポイントです。
感謝の気持ちを持つことと挨拶は、組織の一員としてとても重要です。

二つ目に、何にでもチャレンジして欲しいと思います。
チャレンジしない人は失敗しませんが、成長もしません。つまらない人生になりがちです。
失敗して這い上がることが、人を成長させ、人生を豊かにします。
成功の反対は、失敗ではなく、チャレンジしないこと、です。
若いうちの失敗は取り戻せるので、若さを活かしてどんどんチャレンジしてください。
当社の社員として、よき社会人として、より充実した社会人人生を送られることを祈念して、私の挨拶とします。』

4名は訓示を聞き、新たに二本松NOK株式会社の社員として・社会人としての第一歩を踏み出しました。

«
»
トップへ