おしらせ

二本松NOK社内成人式

1月14日(金)、今年度に成人を迎えた3名の社内成人式を行いました。

今年はコロナの影響もあり、参加者を絞っての成人式となりました。

成人を迎える3名から、自分の目標とする事を漢字一文字で表現してもらい、3名が書いたのは「極」「挑」「愉」の文字でした。

仕事を極めていく、挑戦していく、何事も愉しむ・・・と言った思いが寄せられました。

会社からはささやかなプレゼントと、社長・上長からは暖かい言葉が贈られました。

※写真撮影時のみ、マスクを外し撮影。式中はマスク着用し、距離を取り実施しています。

備蓄食料をフードバンクへ提供

本日、「フードバンク二本松」に缶詰88箱の提供を行いました。

災害対応用備蓄食料の中に、賞味期限が到来するものがあり、二本松市役所に相談したところ「一般社団法人 フードバンク二本松」様を紹介いただき、生活困窮者などへの食料支援として提供しました。

代表の柳沼様から大変感謝され、「今後とも宜しくお願い致します。」というお言葉がありました。

今後も期限前に提供を続けます。

二本松在住の若手社員から提供

今年も菊が届きました

弊社のOBで菊愛好家の方から、今年も菊を届けていただきました。
「二本松の菊人形」は、今年はコロナのため「霞ヶ城公園 菊花展」として開催され、菊花展出展作品と同様に丹精された菊が、弊社の来客用玄関を飾っています。
(二本松の菊人形、今年は中止で「菊花展」です https://www.nihonmatsu-kanko.jp/?p=4879 )

安全優良事業場に選ばれました

一般社団法人 福島労働基準協会が開催した「2021年度 福島地区産業安全衛生大会」で、弊社の安全管理努力が認めれ「安全優良事業場」として表彰されました。

さらに安全で衛生的な会社を目指し、今後も努力を重ねてまいります。

授賞式に参加した小谷社長

2021年度 入社式

2021年 4月1日に入社式が社内で執り行われました。

2021年4月1日、二本松シール工業(株)は二本松NOK(株)に変わり、新たな会社としてスタートを切りました。

今年は4名の新卒社員が入社し、小谷社長から訓示を頂きました。

※訓示一部抜粋

『皆さん、入社おめでとうございます。

皆さんが当社の一員として、新しい仲間となったことを心より歓迎します。

今日から社会人の一員として責任と自覚を持ちつつ、当社の重要な人材として、大きく成長されることを心から期待しています。

今日から皆さんは社会人として、当社の社員として生活されることになります。研修などでも色々学んでいただきますが、社長の私から皆さんにお話しておきたいことがあります。

一つ目として、感謝の気持ちを忘れないで欲しいと思います。まず、社会人になれたことをご両親に感謝しなければなりません。人は一人で生まれる事も、生きることも、死ぬこともできません。多くの人に支えられて人生を送ります。仕事の中では、感謝の気持ちを「ありがとうございます」という言葉で、表すことが良い人間関係を築くポイントです。
感謝の気持ちを持つことと挨拶は、組織の一員としてとても重要です。

二つ目に、何にでもチャレンジして欲しいと思います。
チャレンジしない人は失敗しませんが、成長もしません。つまらない人生になりがちです。
失敗して這い上がることが、人を成長させ、人生を豊かにします。
成功の反対は、失敗ではなく、チャレンジしないこと、です。
若いうちの失敗は取り戻せるので、若さを活かしてどんどんチャレンジしてください。
当社の社員として、よき社会人として、より充実した社会人人生を送られることを祈念して、私の挨拶とします。』

4名は訓示を聞き、新たに二本松NOK株式会社の社員として・社会人としての第一歩を踏み出しました。

トップへ